偏頭痛改善ドットコム

身の回りを見直して、健康的な生活を害する頭痛を改善しましょう。

健康的で、笑顔が絶えない家族

蓄膿症の頭痛などの症状や特徴について

カビや花粉、風邪などの原因によって、鼻の入口の鼻腔が炎症を起こし、その症状が長引くことによって、鼻の奥の副鼻腔も炎症を起こしてしまいます。そして、副鼻腔の炎症が長引くと、炎症部分に膿が発生し、この状態が3カ月以上続くと慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症になる可能性が高くなります。因みに、年齢に関係なく発症すると言われており、慢性の副鼻腔炎の中でも特に副鼻腔に膿がたまっている症状が特徴的です。
蓄膿症の特徴的な症状としては、鼻水がドロドロとしていて黄色いことや、鼻呼吸がしづらいことから、口呼吸をしている、膿のようなものが鼻やのどの奥などに溜まっている感覚がすることが挙げられます。これらの他にも、食事の味がわからなくなったり、何とも言えない嫌な臭いがする等の症状も特徴となっています。
蓄膿症の症状を患うと、頭痛を伴う場合があると言われています。蓄膿症を伴う頭痛の特徴としては、頭痛の痛みは頭だけではなく、鼻と目の間や、頬、目の奥など、様々な箇所が痛んだり、起床時に一番痛みが強かったり、頭を前屈すると痛みが悪化する等の症状が挙げられます。また、蓄膿症を伴う頭痛かどうかは、CT検査などをすることによって判断することができます。
治療としては、内服薬を飲んだり、抗生物質を長期的に少量投与することで回復することが多いと言われています。
鼻水の色が黄色だったり、なんだか嫌な臭いが鼻の奥からしてくることに気づいた場合には、早めに耳鼻科に行って相談してみることが重要です。なぜなら、長い間我慢していることによって、炎症が長期にわたって持続したり、そのままだと粘膜が腫れて副鼻腔にポリープができる可能性があるからです。また、花粉症が酷い人も、蓄膿症になる可能性があるのでマスクをしたりする等、気を付ける必要があると言われています。