偏頭痛改善ドットコム

身の回りを見直して、健康的な生活を害する頭痛を改善しましょう。

健康的で、笑顔が絶えない家族

嘔吐する程の偏頭痛に!利尿剤が効果を発揮

頭痛を抱える女性偏頭痛は非常に辛い頭痛です。頭痛持ちでない方に、偏頭痛の痛みを説明するとすれば、風邪の頭痛よりかなり痛いです。そして文字通り偏っています。頭のある一部分だけが強烈に痛いのです。人によってさまざまですが、大抵痛い場所は決まっています。下を向いたりすると、化膿しているかの如くズキズキ痛みます。鎮痛剤を飲んで横になっているCMをよく見かけますが、横になったところで治まるものではありません。少し体を預けたい、痛みのせいで何もやる気にならないだけのことなのです。そんな症状を通り越すと、人によっては吐き気をもよおします。ひどい場合は嘔吐もします。その嘔吐をしている時でさえ、頭痛は一向に治まる気配もなくズキズキ痛みます。頭痛持ちの人は多いですが、大抵の人は通院することなく、市販の鎮痛剤に頼ったり、症状が治まるまで我慢しています。鎮痛剤は飲むタイミングも重要で、痛みが我慢の限界に達してから飲んでも効かないという声を多く聞きます。人によっては頭痛が起こる前に、目の前で火花が散るような現象が見られる人がいます。そういうタイプの人は、火花を見たら、頭痛が始まっていなくても鎮痛剤を飲むと良いです。鎮痛剤もあまり常用すると、だんだん効果が薄れると言います。鎮痛剤の使用上の注意に記載されている程の頻度であれば問題ないので安心して使用して下さい。中にはもっと症状が酷かったり、偏頭痛が頻発する人もいます。そういう人は病院へかかることをおすすめします。病院には、程度に応じて数種類の薬が用意されています。市販の鎮痛剤では嘔吐が止まらない程ひどい場合は制吐薬が処方されます。重篤な患者には利尿剤を処方する場合があります。利尿剤を処方する程の重篤な偏頭痛とは、偏頭痛発作重積や治療抵抗性偏頭痛発作と診断される頭痛です。利尿剤を飲むことによってむくんだ血管を元通りにし、神経に血管が当たらないようにする効果があります。